電話占いの占い結果はどのように捉えたらよいのか?

電話占いが無事に終了したら、後は「その占い結果をどうしたらよいのか?」と自分なりに消化する必要があります。

そもそも占いとは、その結果の捉え方によって、大きく意味を変えることになるものです。
したがって、占いが終わった後の「復習」というものは非常に大切です。
ということで、ここでは電話占いが終わった後の「結果の捉え方」について教授していきたいと思います。

■モノの見方を変えると全く違った意味になる

例えば、占いの結果が悪いものだったとしましょう。
「あなたが好意を抱いている方は振り向かない」と断言されてしまったとします。
一見、悪い結果と思えますが、視点を換えると「次へのステップ」とも読み取れます。
要は、その好意を抱いている方は、ササッと諦めてしまい、新しい人を見つけようと「前向き」になれるわけですね。

「言葉遊び」と言ってしまえばそれまでですが、そもそも言葉というものは、こういうものであり、占いもそういうものであります。
ですので、どうせなら「よい方に考えて行動をしていく」というわけです。

ちなみに、少し気を付けておいて欲しいことがあります。 それが、反対に「良い結果だった場合」です。
良い結果を出たからといって、決して努力などを緩めてよいと言う意味ではありません。

「この調子で変わらず努力していけば成功を収める」というニュアンスのものが多いので、勘違いしないようにしたいところですね。
これも、占いの結果の捉え方1つで、大きく意味合いを変えることになるため、注意をして欲しいのです。